DAEMON Tools の使い方

仮想ドライブ(CD/DVD/BD/HD DVD)を作成する DAEMON Tools Lite の使い方とメモ

DAEMON Tools の各種用語一覧

      2015/03/01

すこしわかりにくい専門用語も有るので、出来る範囲で簡単に解説しておきます。

 

  1. 仮想ドライブ
        

    あたかもパソコンに実ドライブが接続されている様に見せるのが仮想ドライブです。

    パソコンに接続しているCD,DVD,BDドライブは実ドライブと言います。
    CD-ROM、DVD、BDメディアなどをその実ドライブから全体を読み込んでイメージデータとしてハードディスクに保存できます。
    そのイメージデータを指定して、あたかも実ドライブが存在するように仮想的に見せかけるのが、仮想ドライブ と言います。
    この機能を使えば、パソコンにCD,DVD,BDの実ドライブが存在しなくても、実ドライブが存在する様に見せる事が特徴になります。

    DAEMON Tools 以外の似た様なソフト(PowerISO , etc)によっては仮想ドライブが最大16台まで可能なのもあります。
    ただし、仮想ドライブへのデータの書き出しはDAEMON Tools Lite では出来ません。
    仮想ドライブへの書き出しも出来るソフト(Gizmo Central , etc)は有るみたいですが、英語版で操作はかなり難しそうです。
      
      


  2. マウント
        

    実際のドライブのトレイにディスクをセットするのに相当する動作。
    DAEMON Tools の場合はイメージファイルを仮想ドライブに割り当てる事を言います。
      
      

  3. アンマウント / マウント解除
     
    実際のドライブのトレイからディスクを取り出す事に相当する動作。
    DAEMON Tools の場合は仮想ドライブに割り当てられていたイメージファイルを外すを言います。
     
      

TOPへ

 - 用語

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした